テーマ:趣味

たこ焼き【たくちゃん】

京阪枚方公園駅近くにある三代目たこ焼き【たくちゃん】です。青少年センターの前にあり授業の歓送迎会や忘年会などの行事に利用しています。 鶏がらを加えたコクのある生地と、表面カリカリ・中身トロトロの食感バランス そして50年近く守り続けた伝統の味で同店のファンが多くいつも賑わっています。カリカリトロト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日香の案山子展、テーマは「むかし話」

毎年明日香村稲渕地区の棚田で開催され、今年で13回目を迎える楽しい楽しい案山子展、今回のテーマは「むかし話」。 迎えてくれるメインのジャンボ案山子は赤鬼とその肩にのる一寸法師です。 地元の住民と棚田オーナーやその家族の熱心な努力で約60体の案山子が初秋の畦道に並んで観光客を楽しませてくれます。特に今年のテーマ「むかし話」…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

☆に願いをこめて

6日 スポニチと京阪電車共催の七夕ハイクに参加しました。私市駅を出発して月輪の滝→すいれん池を経由し七夕伝説の地、獅子窟寺と天田神社を訪ね河内森駅に戻るコースです。。参加者が970名もいて細い山道では前に進むのが困難でした。 この時期、枚方/交野両市内は七夕一色で賑わっています。 枚方市には「天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まほろばの里【清澄】

万葉の歌人に「清澄」と詠われていた現在の奈良市高樋町。奈良盆地を見下ろし、今なお昔ながらの田園風景が広がります。 そして生後2ヶ月の子ヤギさんが出迎えてくれました。 田の神様です。付近で収穫した大和野菜がお供えしてありました。 その清澄の地で奈良県の伝統野菜である大和野菜を中心に国内外の在来種を約100種類 栽培・保存…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

万葉の味‘飛鳥の蘇’

「蘇」とは古代飛鳥人が愛した風味豊かな古代のチーズなんです。 藤原京がつくられた飛鳥時代。水の都とよばれ、酪農にも適していたこの地(大和三山・香久山の麓)に渡来人が牛を持ち込み酪農を始めました。飛鳥は酪農発祥の地なんです。現在、日本人の心のふるさとと言える飛鳥の地に1軒のみ頑張っている農場があります、「西井牧場」とその直営店「みる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラや囃子の音が鳴り響く‘神戸南京町春節祭’

祝い事に欠かせない龍や獅子が舞い踊る。旧暦のお正月を盛大に祝う「春節祭」が2月7-11日神戸南京町で開催されています。 1987年から始まり昭和天皇崩御の年と阪神淡路大震災の年の2回は中止されましたが2008年は記念すべき20回目の開催です。 中国語を学ぶ友人と南京町一帯がお祭りムード一色になるこの季節の風物詩を雪の中楽しみまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖を黄色に染める菜の花

地球温暖化の影響か年々琵琶湖の菜の花の開花が早くなっています。 数年前は2月中旬でしたが昨年は1月末になり、今年はまだ時間があるとゆっくり構えていたのですがネットで検索したら既に約12000本の‘寒咲花菜’(カンザキハナナ)が満開になっており慌てて駆けつけました。 琵琶湖湖畔の菜の花は、今の時期に見られる数少ない場…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

剣豪が通った【柳生街道】

4日 前回の続き円成寺~柳生の里 約10KMを歩きました。 円成寺から東海自然道に入ります。もう紅葉も終わり落ち葉の絨毯を踏みしめてのハイキングです。 曲がりくねった細い道を2.5kmほど歩くと大柳生の集落に着きます。そこにはこんもりとした森の中にたたずむ夜支布(やぎう)山口神社があります。境内にある美しい春日造りの立磐神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

07年紅葉燦々Vol.3 京都隠れスポット【光明寺】

今回は長岡京市にある隠れスポット浄土宗総本山光明寺です。今の地球上に隠れスポットなんて存在しないかも知れません。紅葉は京都随一と呼ばれてからは、すぐ有名になってしまい人々が押しかけます。30日も残念ながら光明寺もかなりの人でした。紅葉の時期以外はいつも静かで阿弥陀様のお慈悲に包まれている事を実感できる「癒しの空間」だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

07年紅葉燦々Vol.2 【東福寺紅葉の雲海】

22日 京都紅葉スポットNo.1の東福寺へ出かけました。 東福寺は有名すぎて避けていたのですが、ウイークデイならと思い足を運んだものの人・人・人の波でした。 北門から入り、まず臥雲橋から通天橋を見ます。この風景が殆どの東福寺のPR用として使用されています。 続いて洗玉澗と呼ばれている渓谷に足を踏み入れました。ここには‘…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

07年紅葉燦々Vol.1 森林の極相【春日山原始林】

愈々07年紅葉のスタートです。 春日大社の山(約300ha)として神聖視され樹木伐採や狩猟が1100年に亘り禁じられてきたために森林の極相に達した原生林が広がっている。市街地に近接して原生林が存在することは極めて珍しい。 春日山原始林は古都奈良の文化財の一部として1998年に世界遺産に登録されています。 今回の案内役はサラリー…
トラックバック:1
コメント:19

続きを読むread more

NHKラジオ【日曜歌の散歩】が小浜から公開放送されました

毎週 日曜日に大阪から小浜へ行く機会が多いのですが、いつも車中で聴くのがNHKラジオ「日曜歌の散歩」10:05-11:50です。 鎌田・坪郷両アナウンサーの軽快なトークと紹介される‘我家の料理’‘ふるさとの味’そしてリスナーからのリクエスト曲を楽しく楽しく聴きながらの約3時間の帰省となります。静かに語りかけるこの番組を聴き始めてから…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

若狭高校出身 乗替寿朗選手 立命館大学野球部「主将」に!!!

4回生が退部したあとの新チームの主将に若高出身の乗替選手が選ばれました(10月28日発表)。 今年度は関西学生野球の春季・秋季リーグともに捕手としてベストナインに選ばれており、実力は既に認められていますが、主将に選任されることは実力以外にリーダーシップや人間性など彼の良さが評価されたのではと思います。若高出身者が有名大学の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

小浜・南川の風物詩‘鮎の威縄漁’

小浜・南川で鮎の威縄漁が最盛期を迎えています。 中名田橋付近で威縄漁を見学しました。この時期になると産卵の為、海に向かって下る鮎を竹などで遮り、投網を持ってじっと待って集団になった鮎を一網打尽に捕獲する漁法です。鮎の習性を利用した先人の知恵に驚きます。 威縄漁は1級河川の北川では許可されず、二級河川である南川で5-6箇所の‘…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鯖街道熊川宿の{葛饅頭かき氷}

バクさんとジュンさんのお陰でやっと念願が叶いました。 29日 帰省の際、湖西経由で熊川宿に立ち寄りました。 小浜寄りの熊川宿入口駐車場に車を置き【だんご風鈴草】を探しながら旧街道を散策。昔の面影を残した素敵な街道です。 風鈴草は入った街道入口とは逆の道の駅に近いほうにありましたが、若狭の鯖を背負った商人気分で左右をキョロキ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

明日香の案山子展 今年のテーマは【元気】

日本の棚田百選に選ばれている明日香村稲渕地区で楽しい楽しい第12回案山子展が始まりました。ジャンボ案山子‘棚田の桃太朗’が観光客を出迎えてくれました。 この稲渕地区は山間の小さい土地を11年前から棚田のオーナー制度を設け、1区画を100SM単位で募集し既に70区画のオーナーが存在しています。 家族で棚田を耕し、子供が土に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

わ~い、真夏だ~~~枚方凍氷のかき氷

毎日暑いですね~。ここ枚方市も暑さは全国級です。 今年は豊岡などに譲っていますが、昨年は全国一を数回達成しました。 12日 午後になるとジリジリと焼ける空気に外に出る元気もなくなりますが、気力をふりしぼりかき氷屋さんに出かけました。 ここ【枚方凍氷】は業務用の製氷専門店です。お店の前の駐車スペースにテーブルとパラソルを置…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

大漁だ~~~若狭湾の釣り

7月28日 若高15回卒の有志6人で昨年に続いて海釣りへ。 楽しい時間を多くとろうと出発を13:30にして西津港を出港。本日は天気快晴 波は穏やか。昨年は台風の影響で2-3mの高波に船酔い者が続出し苦しんだため、薬を服用。船は昨年と同じ幸翔丸で双児島や大飯原発を見ながら1時間半かけて大飯・高浜・舞鶴沖へと移動。 魚群探知機が反応…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

歴史の横顔に出逢える、ならまちの【庚申さん】

元興寺の門前町として栄えた奈良で一番古い町「ならまち」の奈良町資料館に庚申さんと呼ばれる青面(しょうめん)金剛像が祀られています。 中国の道教の教えを説く庚申信仰は江戸時代に庶民に広がりました。その庚申さんのお使いの猿は、家の中に災難が入ってこないように災難を代わりにうけてくださるから「身代わり猿」とも呼ばれ、この地区の町屋の殆ど…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

七夕伝説の地‘天野ゲ原’を訪ねて

7月7日の夜、日本では家の軒先に笹竹を建て五色の紙で作ったさまざまな飾りで竹を美しく飾ります。そして紙の短冊に願い事を書き願いが叶うように祈りながら竹にささげます。自分が子供の頃や子達が小さい頃には楽しみましたね。 この伝説は中国から来ています。昔、この地に機織を教えに来た渡来人がこの伝説を庶民に伝えたとされます。牽牛と言う牛飼いの男…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

真っ赤に山肌を染めるツツジ群落「葛城山」

15日 サラリーマン時代の同僚とツツジが見頃の葛城山を訪れました。 10時半に麓に到着。多数決で登りはロープウエー(720円)を利用し下山は徒歩に決めました。観光客が多くロープウエーの待ち時間は1時間でしたが、乗ったら標高959mの葛城山頂駅までもの凄く早いスピードで進み僅か6分で到着。そこからツツジ園までは徒歩15分。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

若狭高校出身立命館大学乗替選手 大活躍!!!

5月5日 五月晴れのスカイマークスタジアムへ関西学生野球春季リーグ戦 立命館X近畿大学戦を若高の後輩 乗替選手の応援をかねて駆けつけました。 両校共に勝ち点2の同率首位で勝った方が優勝へ大きく近づく大事な試合でした。昨日の1回戦は立命館が7X3で近大を降しており立命1勝のあとをうけた第2回戦でした。 昔ながらのバンカラ学生…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

07年の桜 Vol.6大阪市大植物園

14日 大阪市大主催の「桜観察会」に参加しました。講師は同大學理学部の美人先生の植松さんです。会場は交野市にある同大学付属植物園です。 生徒は約150人もいて、最初は広場で桜の分類と遺伝子を主体に講義を聞きました。高校時代の理科の授業に戻ったような気分でした。 次は同園内にある桜が56種類もある「桜山」へ移動し、実際の花を手にとって…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

07年の桜 Vol.5 吉野山上千本

13日 約30000本の桜が吉野山の谷から尾根を埋める日本一の桜の名所を訪れました。 全国の桜の名所は「花見」のために、植栽、管理をしていますが、ここ吉野の桜は山岳宗教と結びついて信仰の桜として大切に保護されてきました。 吉野の多くは若葉と同じくして開花するシロヤマザクラで、ソメイヨシノの様な豪華絢爛さはありませんが、凛とし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

07年の桜 Vol.4造幣局

4月11日 07年の造幣局通り抜けの最終日なので慌てて見に行きました。ここは大川西岸にあって遅咲きのヤエザクラが中心で370本もの各種の桜があります。何と行っても一ヶ所で珍種を含んだ約120種類もの桜が一度に見られる桜百貨店なのです。 天下の造幣局も今年の異常気候を見誤ったらしく、殆どの種類がまだ満開になっていませんでした。期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

07年の桜 Vol.2 八幡背割堤

八幡背割り堤は木津川と宇治川の約1.4kmの堤防沿いに沿ってソメイヨシノの巨木約250本が咲き乱れ見ごたえたっぷりです。 ここは、木津川・宇治川・桂川の三川が合流して淀川になる地点です。悪評高い国土交通省ですが、ここばかりは見事に管理されたソメイヨシノばかりが庶民の目を楽しませてくれます。こんなのにお金を使って欲しいですね。 1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

07年の桜 Vol.1 小浜妙祐寺の枝垂れ桜

07年の桜のトップは故郷 妙祐寺の枝垂れ桜です。訪れたのは3月31日 丁度、満開で翌日(1日)には枝垂れ桜祭りが行われるとの話しでした。例年、級友であるプロ歌手 キングレコードの西岡達也さん(本名:吉岡君 15回卒25HR商)が歌う枝垂れ桜音頭をバックに綺麗ところが踊ってくれます。 この桜は約130年前に檀家の方が山梨県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

‘‘京都・八幡の流れ橋’’

                       (上はイメージ写真です) 木津川に架かる京都府の八幡市と久御山町を結ぶ上津屋橋が通称‘流れ橋’と呼ばれており、時代劇の撮影場所として頻繁に使われている。古くは柳生十兵衛・木枯紋次郎や勝新の座頭市などの名画にこのロケーションが登場したとなるとロマンを感じる。 この‘流れ橋…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

春間近!!!琵琶湖の菜の花が満開です

守山なぎさ第一公園の土地一面に約12000本の早咲きの菜の花が満開で、比良山とのコントラストが大変綺麗です。例年9月に植え付け1月下旬から開花しますが、今年は暖冬で2週間も早い開花でもう満開になりました。 公園に近づくと菜の花の香りが一面に漂い、蜜蜂になったような気分になり吸い込まれて行きます。 正式な品種は菜の花で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奈良・石光寺の寒牡丹が咲き始めました

 寒牡丹が咲き始めました。  石光寺は天智天皇の時に(670年頃)この地に光を放つ三大石があり、掘ると弥勒三尊の石像が現れた。勅願により堂宇を建立し「石光寺」の名を賜り、役の小角が開山となり弥勒如来を本尊としてまつったのが始まりと説明書きにあります。 寒牡丹は冬に自然に咲くため、花が小さく、冬牡丹は春に咲く牡丹を温度調整に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more