上北山村 林道ウオーキングと又剱山登山

先月の級友との大台ケ原ハイキングですっかり上北山村の自然に魅せられてしまい、今回は(11月1日)同村主催で大台ケ原のすぐ南にあって標高1000mにある‘林道橡谷西の谷線’を歩きその後、又剱山(1377m)に登る企画に参加しました。
画像

8:30近鉄橿原神宮前駅に応募した36人が集合し出発。バス2台で同村まで移動、一同ワクワク気分で人気の高さが分かります。
会費は5000円、お弁当・ミカン・お茶やウオーキング中のコーヒーサービス そして下山後の入浴券と同村製の割り箸セットがあり、村役場の方6名が詳しく説明しながら案内してくれました。

10時30分 上北山村着、林道の近くまでバスで移動し快晴の下元気よくスタート。林道は緩やかな上りで足元を気にせず、大展望を楽しめます。
その林道から眺める山々は迫力満点のスケールです。
画像

大峰山脈の大展望が開けます。近畿の最高峰「八経ケ岳」など有名な山を記しています、クリック拡大してご覧下さい。
画像

画像

紅葉も標高1000Mくらいまで下りてきています。
画像

希望者のみ参加した又剱山登山は34名の参加でした。ここからは「北山いこら会」の小松さんの案内です。猟銃免許を持ち狩猟や渓流釣り、そしてこの付近の山を全て走破して山菜狩りも何処に何があるか分かるスーパーウーマンです。‘いこら’とは北山村の方言で‘行こうか’との意味です。今は会のHPは工事中ですが暫くしたらアクセスして見てください。
林道から入った登山道は細くて険しく急坂です。落ち葉を踏みしめゆっくり登ります。
画像

画像

又剱山(またつるぎ)は大台ケ原のすぐ南側にあって、12日に級友達と楽しみ足がすくんだ大蛇嵓の全容がはっきりと見えます。改めて絶壁の様子が確認できました。何故か大蛇嵓にいる人数は2名だけで12日当日の混雑がウソのようです。
画像

ミズナラの枯れ木です。ドングリがいっぱいなる木ですが落雷で被害を受けました。雷のときの大木の下は危険なことが分かります。また、又剱山は熊が多いそうです。少人数の時は要注意です。
画像

12:20頂上に到着し昼食をしながら40分大展望を楽しみました。頂上からの景観です。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

15時ウオーキングを終えて同村の‘秘湯 小処温泉’で渓谷を見ながら汗を流し、橿原神宮前駅で18:40解散しました。同村として今後同じような企画を春・夏・秋と来年も計画をしているそうです。4月下旬の時期には新緑の中真っ白なシロヤシロや山桜が咲き乱れるそうです。
97%を山が占める同村は何処へ行ってもどちらを向いても山・山・山・・・・・・でした。
橿原神宮駅で出発時に我ら15回卒の登山リーダーSさんとばったり会いました。Sさんは天川村の天女の舞ブナ林を見に行くとのことでした。相変わらず山好きですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

う~さん
2008年11月06日 20:12
大峯奥駈道の一部縦走してみたいですね、釈迦ヶ岳から南の山々には吸血鬼・山ヒルがいるので遠慮しますが、人気の高い行者環岳~国見岳~大普賢岳~女人禁制の山上ヶ岳までと、奥駈道からは外れるが付近の山では稲村ヶ岳や和佐又山にも登ってみたいですね、遠くから山並みを眺めると高くて遠く感じますが、いざ行って登ってみると、そんなに高くないです、理由は登山口も案外高い所ですから、実際に登る高さは1,000m前後ですから危険個所さえなければ、そして多少の山歩きをしておれば大丈夫、皆さん元気なうちに登りましょう。来年~再来年の65歳ぐらいまでに熊野古道中辺路ルートの全10コース、計約128.6kmを5~6日間ぐらいで完歩しませんか。


もりもり元気
2008年11月06日 21:51
吸血鬼 ヒル!!!うわ~そんなのいるの?先日、口名田の松茸山を持っている級友が言うには、山に入ると必ずヒルが衣服にくっつくので帰ったら熱湯で消毒すると言ってました。もし皮膚に吸い付かれると大変だそうです。

又剱山も1377Mと聞いて若いときに登った白山につぐ高峰だったので緊張したけど、う~さんの言うように登山口がかなり高い所にあるので思っていたより簡単でした。
熊野古道中辺路ルートは詳しいう~さんやSさんに企画してもらって連れてって欲しいです。
マリリン
2008年11月06日 22:25
えー、ヒルの話は、本当ですか?
ヒルって、そんな小さな生き物なのですか?
今後は、消毒します。
今回も、もりもり元気さんの紅葉の写真を、デスクトップにいただきました。
青い空の向こうの山々が、神々しいです。
もりもり元気
2008年11月06日 22:41
最近はヒルにやられたことはないけど、皆さんの話しでは今でも健在らしいですね!
でもマリリンさんが行く山は心配しなくとも大丈夫だと思いますよ!

紅葉の写真、良いのがありましたか?いつも中々満足するのがありません。

う~さん
2008年11月07日 05:42
山ビル(山ヒル)って見ただけでもゾ~と寒気がします、子供のころ田植え時期にヒルに血を吸われた経験がありますが、山にいるとは知りませんでしたが ・・・ それにしても服の上からでも中に入ってきて吸うのですから、気持ち良いものではないですが ・・・ ちょっと覗いて見てください。
http://kitahata55.co.jp/untiku/yamahiru/yamahiru.htm
もりもり元気
2008年11月07日 08:27
拝見しました。
もう希少動物だと思ってたけど日本中に広く分布していてビックリです。
鹿にくっついて移る?と説明があるけど、それならもの凄く身近にいる可能性大ですね。
マリリン
2008年11月08日 22:37
う~さんが案内してくださった、ホームページを見て、鳥肌が立ちました。
こわー!!!!!!!
月曜日に、三国山(赤坂山の隣)へ行ってきます。
熊笹が多いらしいので、帰宅したら消毒しなくちゃ!!
マリリン
2008年11月09日 21:12
ごめんなさい・・私、勘違いをしていました。
明日行くのは、岐阜県から入る『三国岳』でした。
夜叉が池も通るらしいので、楽しみです。
これから、寒さ対策をして、休むことにします。
おやすみなさい
もりもり元気
2008年11月11日 17:23
マリリンさん 元気だね。
素晴らしい景観を紹介して下さい。楽しみにして待ってま~~~す。

この記事へのトラックバック